学誠住職について

1966年福建省仙遊県に生まれました.1982年定海長老のもとで剃度(ていど)し、圓拙(えんせつ)老法師(以後圓老と称す)について学んでいます.

1991年中国仏学院において修士学位を取得.2007年にはタイのチャラロンコン仏教大学より教育行政学名誉博士学位を授与され、2010年にバングラディシュのアティーシャ大師平和金賞を受けています.

現在、中国仏教協会会長、世界仏教徒連盟(WFB)副会長、中国仏教学院院長、福建省仏教協会会長、福建省莆田(ほでん)広化寺(こうかじ)、陝西省扶風法門寺(ふふうほ うもんじ)、北京龍泉寺の住職の7つの任務と、中国人民政治協商会議常務委員会委員、中国宗教界平和委員会(CCRP)副主席、北京師範大学宗教と人文高等研究院副院長、中国仏教協会機関誌『法音』の編集長などを担っています.

修学のあゆみ

学誠法師は、1966年8月福建省仙遊県に生まれました.幼少のとき に『玄奘大師伝』を読み、「如来の仏法を継承し、仏法の光を広く輝かせる」という 玄奘大師の願いと法を求めるために西へと向かう精神に深く感銘を受けました.このことがきっかけとなり、1982年2月に出家を決心した学誠法師は、莆田 広化寺に定海長老(現インドネシア大乗僧伽会会長)のもとで剃度し、圓老(前中国仏教協会諮問委員会主席、1997年 円寂)について修学を始めました.圓老は過去に弘一(こういち)大師や印光(いんかん)大師と近しく付きあいを深め、戒律を守り、念仏を唱えることで、誠 実且つ謙虚に学び続けました.圓老は、勤労、勤学、持戒(じかい)、中道について学誠法師を厳しく指導しました.その後学誠法師は1984年中国仏学院に 入学し、1988年 には修士課程に入り、主に法相唯識学の研究を行います.その間、学誠法師は持戒を厳しく続けながら、勉学に励み、毎日「大悲咒(だいひしゅう)」を百遍唱 えました.当時の中国仏教協会会長、兼中国仏学院院長の趙朴初(ちょうぼくしょ)居士から絶賛を受け、彼の目にとまることとなります.そして、1989年 莆田広化寺の推薦で、学誠法師は23歳にして、住職になっています.1995年に福建仏学院院長に選ばれました.

続きを読む...

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有