中韓日三国仏教代表世界平和祈祷法要におけるご挨拶

中国仏教協会会長 伝印

尊敬する韓国仏教宗団協議会会長慈乗長老、

尊敬する日中韓国際仏教交流協議会理事長小林隆彰長老、

尊敬する居士、来賓の皆様:

本日、私たち中国、韓国、日本三国仏教界が歓喜をもって韓国江原道の観音菩薩道場である洛山寺に集い、世界平和と人類幸福のために祈祷法要を厳修することは、真に素晴らしいご縁であり、法喜が心一杯に満ちています。これは私たち三国仏教界が世界平和と人類幸福のために発した大願であるのみならず、中、韓、日三国法兄弟の友情を深めるための大変よいご縁でもあります。

中韓日三国仏教が一脈相承にして同根同源であり、この上ない親密なる仏法のご縁を持っています。千年余り以来、三国仏教界は往来が断つことなく、頻繁に交流し、互いに促進し合いながら、発展し続けてきて、仏法をして東方の大地において広く伝播させ、発揚させて、人類の文明と進歩及び社会の安定と発展のために消すことのできない貢献を果たしてきました。

新世紀に入ると、科学技術の迅速的発展によって、人類のために豊富なる物質的財産を造りだし、人々の生活に裕福と便利を齎しているに違いないが、その精神文明の発展は物質文明の発展に遥かに遅れていることによって、世界規模の貧富の差や、環境汚染、暴力とテロリスト事件の頻発が齎されています。特に近年に世界中に発生した地域衝突、民族紛争、宗教紛争、民族差別、カルト宗教とテロリズムの氾濫などは世界各国の人民に大きな苦痛を与えると同時に、人類の平和と安全に厳重なる脅威も与えています。

また、厳重なる生態破壊などによって、大自然が容赦なく人類に報復し、自然災害が頻発して絶つことがありません。この状況の下で、人類が切実に仏法からの精神的指導を必要とし、仏法の慈雨を必要としています。仏教は人類精神の頼りであり、心の最終的な落ち着き先であります。すべての人々が仏陀の無縁大慈と同体大悲の精神を学んで、人類の福祉と社会の調和と世界の平和に心を寄せればと期しています。仏法を学ぶことを通して、心の中の貪瞋痴を消し、真の世界平和と人類幸福を実現させていくのであります。

今、世界の平和、人類の幸福、社会の調和ある発展のために、私たちが、ここで誠をもって祈願し:

願わくは、三宝の慈悲の光のご加護の下で、中韓日三国人民が世世代代に友好し、平和に交際し、落ち着いて暮らし、楽しく仕事をし、災難が永遠に消え、世界各国の気候が順調で、戦争が永遠になくなるようと祈願いたします。

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有