第二回世界仏教フォーラムが台湾で開催高僧大徳が「和合」について語り

情報源:台海ネット 執筆:王 煒 

時間:2009-04-02

台海ネット4月1日付け(台湾駐在記者 王煒執筆・撮影)のニュース「和諧世界、衆縁和合」(調和のとれた世界、すべての縁が整えている)による.第二回世界仏教フォーラムは「和合」をテーマに、調和の道への探求を目的として開催されました.今回のフォーラムは、仏教の発展に関する学術的な議論を展開する一方、世界が直面している危機にも深い関心を寄せていました.言わば、仏教の交流のプラットフォームでもあり、調和のとれた世界と結ぶ絆でもありました.

中国仏教協会副会長の学誠法師は、「海峡両岸の高僧大徳、専門家と学者、そして世界各地からやってきた仏教会の代表が一堂に会し、ともに調和について論じることそのものは、大陸と台湾が『和』の状態にあることを物語っている」と語り、また「和合文化」によって、個人から民族、引いては国と世界が苦痛から逃れ、喜びを共有することが実現されると述べました.

昨日、台北の各分科会において、北伝仏教とチベット仏教、南伝仏教の代表が集り、大陸、台湾、香港とマカオからの高僧、インドやスリランカ、タイ、日本など数十ヶ国と地域からやってきた大徳が参加しました.言葉と民族は違うといえども、その目標は同じく世界調和と人類の平和を促進することです.参加者は、今回のフォーラムのテーマについて、中国伝統の和合思想が含まれるだけでなく、仏教経典の核心内容にふさわしく、時代の要求に応えたと評価しました.その上、すべての生命を愛し、社会奉仕する新しい仏教像が築かれ、海峡両岸の和と交流が促されるはずだと評価しています.

学誠法師によれば、仏教の境界で最も高いのが「不二法門」です.その「不二法門」は具体的に心身の調和と統一に現れているが、同じく人と人の間、人と社会の間も和合して共存すべきであり、そうして初めて私たちの社会がより美しくなります.知恵と慈悲が仏教の提唱ですが、海峡両岸の交流がますます緊密になってくる今、民衆の方々に海峡両岸の平和と繁栄、共同発展に利するような知恵を持っていただければ幸いだと、学誠法師は話されました.

有名な仏教学者の中国人民大学の魏徳東教授は、今回のフォーラムと「和合文化」について高く賛同を表しました.魏教授によれば、世界仏教フォーラムは成功裏に行われたフォーラムで、各宗教団体の相互交流と融合を促進する盛会でもあります.そして、「和合文化」は人が互いに助け合い頼りあって、困難をともに越える文化で、従来の資本主義の「零和文化」と区別すべきです.この意味での「和合文化」は人類の文化の未来を代表するものと言えましょう.そのために、中国伝統文化の精髄を体現した「和合文化」を、大陸と台湾がともに発揚することは、大変有意義なことです.

福建省の出身の学誠法師は、両岸の文化、仏教理念、そして起源において同じルートで伝わってきて.今回の世界仏教フォーラムを契機に、仏教界がともに話し合い、協力を強化し、認識の共有を促進する中で、私たちの未来もより広くて明るいものになるはずだと評価しました.

「海峡両岸の仏教交流は、相互理解のために、愛の種をまいたと言えます.この種は、これからの海峡の平和と発展の礎となり、中国の未来に計り知れない影響を与えるに違いありません.」と、魏徳東教授は話していました.

台北仏教会理事、深坑万福禅寺の明空法師も、海峡両岸特に福建と台湾は、仏法における縁が深くて濃厚なものだと話されました.仏教交流が頻繁になっていく背景のもとで、「和合文化」についてともに論じることは、中華民族の伝統文化理念への継承だけでなく、両方の間に仏教と文化の交流の架け橋にもなると話しています.

台湾仏教慈善基金会は、台湾の最も大きな民間チャリティー機構で、500万人以上の会員を有し、世界50あまりの国家と地域で事業を展開しています.昨日、第二回世界仏教フォーラムの「慈善と思いやりの分科会」が慈済基金会板橋園区で催されました.基金会の代表何日生は、二年前の第一回世界仏教フォーラムで人間仏教の理念が確立されて以来、教育から人文、慈善、仏理までかなり進んできたとしています.慈済基金会は過去の19年間の間、大陸の13の省で慈善事業を展開してきました.汶川大地震で言えば、一万人を超えたボランティアを動員し、被災地域で10箇所の学校の再建を援助してきました.このような事業によって、大きな愛の精神が台湾海峡を越え、大陸の隅々まで伝えていき、海峡関係の一層の調和と発展が促されるようと願っています.

何氏は、今回のフォーラムで、世界各地からの高僧大徳が世界調和、人の心の和やかさについて交流し、中でも「和合文化」が人と人、人と社会、そして社会の間の最も良質な接し方を示していると話されました.

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有