福耀ガラスグループ会社理事長曹徳旺祝辞

この度、第五回世界仏教フォーラムが、紅葉の美しい十月の福建省莆田市にて開催されますこと、私と私の家族で設立した河仁慈善基金を代表しまして、心よりお慶び申し上げます。

仏教とは慈悲の心を抱くものであり、誕生より二千五百年という長きにわたり、仏教を起因とする争いが一度も起きたことがなく、その故に「平和な宗教」と称されています。世界の文化が多元化する現在において、人類が調和し、共栄していくために、人類の文化が交流し合い、お互いに鑑みることが非常に重要です。第五回フォーラムのテーマは「交流互鑑 中道円融(共通の願いや行いは交流により互いに鑑みあう)」です。第四回のテーマ「同愿同行 交流互鉴(交流や互いの鑑みにより、中道円融にしよう)」から一貫して、仏教の慈悲の精神を反映すると同時に、仏法の中道と融通無碍な思想を明示し、人類が調和と共栄していく素晴らしい未来への願いが込められています。

世界仏教フォーラムは中国大陸、台湾、香港、マカオの仏教界が2005年に共同で発足させ、2006年からすでに四回のフォーラムが開催され、成功を収めてきました。今回の第五回フォーラムは間違いなく中国の仏教文化を世界に向けて更に一歩前進させ、世界における中国への理解を深めながら、全人類の調和と共栄、そして世界の平和と発展に貢献することを確信しております。

最後に、第五回世界仏教フォーラムが輝かしい成功を収めることを心からお祈り申し上げます。

福耀ガラスグループ会社理事長

河仁慈善基金寄附者 曹徳旺

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有