韓国仏教と中国天台宗との深い源

    以前、東アジアの三つの国(中国、韓国、日本)の人々は、中国から入ってきた仏教という黄金の絆で繋がられていた。その中で中国仏教の天台宗は黄金の絆の重要な一環となっていた。天台宗の実質的な開祖となる天台智者大師の円寂1400周年を記念するために、ここで、韓国仏教と中国天台宗との交流歴史を簡単に紹介する。
 
    韓国仏教は四世紀に中国から伝わったものである。当時、朝鮮半島は高句麗、新羅、百済という三つの国に分かれていた。372年、中国姚前秦時代の苻坚は使節及び僧順道法師を派遣し、仏像と仏経を高麗に贈った。384年、インドの僧摩羅難陀は東晋から百済に赴き、仏教を伝えた。これからまもなく、新羅は高句麗から仏教を受け入れた。
 
    海東では天台思想と最も早く接触した新羅人は玄光法師だった。南朝の陳の時代に、彼は南岳衡山に行き、天台二祖の慧思について仏法を学び、智とともに南岳一派28名のエリートの一人となった。『法華経―安楽行品』に基づいて慧思に法華三昧の悟る方法を伝授されてから、懸命に勉強したお陰で、ようやく華三昧を悟った。慧思から認可をもらった後、指示に従って新羅に帰った。そして熊州翁山で寺を建て、法華三昧を悟る方法を伝授した。一時、門下の弟子が多くなった。
 
    その後、高句麗から来た般若法師も南朝の陳の時代の中国に行き、まず金陵で仏法を聞いたり解説したりしていた。589年、隋が南朝の陳を滅ぼしてから、金陵を離れた般若はいろいろなところで仏法を学んだ。596年、天台山に入り、智者大師を師として仏法を求めていた般若は、やがて悟りの境地にたどり着いた。その後、天台山の华顶峰に隠遁し、16年間で頭陀行を修めた。613年、山をおり、国清寺に行った般若は、まもなく国清寺にて円寂した。
 
    隋の時、中国に入って智者大師を師とした新羅僧侶の縁光法師がいた。彼は『法華経』に没頭し、多くのことについて悟りを得た。智者大師が円寂してからまもなく国に帰って、天台宗の基となる経典の『法華経』を主に解説し、法華の教義を広く伝えた。そして、毎日『法華経』を読経しつづけた。80歳の時円寂して火葬されると、なんとその舌が完全そのままだったと言われている。
 
    唐代天台宗八祖の左溪玄朗の時期に至ると、弟子の理应と纯英を連れて、中国に入った新羅の法融法師は、玄朗大師の下で学んでいたため、唐代天台宗を中興した祖师荆溪湛然尊者と同門になった。その後、三人は国に帰って、天台の教義を広く伝えた。
 
    唐代末年、「会昌の廃仏」のせいで、天台宗経典の典籍は大量に壊されたり、失ったりして、滅びる寸前だった。五代の吴越王钱弘俶は仏教に敬慕して、天台宗の名僧義寂の提案で朝鮮、日本に使者を派遣し、散逸した天台教典を訪ねた。961年、高句麗の国王に中国に派遣された僧谛观は、若干の論述と著述を螺溪义寂尊者のところに送り届けて、义寂のとなりに残して仏法を研究した。十年後(約969年)、天台山で涅槃に入った谛观は後の世まで伝わる有名な『天台四教仪』を著した。中国に天台教典を持ち帰ることは、天台宗が宋朝での復興にとって極めて大きな役割を果たした。五代の時、高句麗から晋の天福末年のころ中国に入った义通尊者は、まず德韶国師から仏法を受け、それから义寂の門下に加わって、一心三観の仏理を研究して、20年間も仏教を広く伝え、その名は遠くまで知られていた。义通は身につけた仏理をふるさとに持ち帰ると思っていたが、四明郡守钱惟治の厚意は断り難く、結局帰らなかった。开宝元年(968年)、弟子の誘いに応じて四明传教院で仏法を伝えた。端拱元年(988年)、ここで涅槃に入って、後世の人に天台宗第十六祖と尊ばれた。彼の弟子の四明知礼(天台第十七祖)と慈云遵式と共に宋朝初の天台宗を中興した高僧である。
 
    五代から宋まで、中国に来て天台教観を学ぶ海東僧侶は数多いので、わざわざ天台国清寺の前に悟空法師が新羅園を建て、彼らを留めなければならなくなった。
 
 宋の時、天台教義が高句麗で普及するにつれて、高句麗の大觉国師義天に至るまで天台宗を初めて創立した。義天は高句麗文宗王の第四王子で、11歳の時に出家して、内外の経典を研究した。1085年、弟子を連れて宋に入った28歳の義天法師は、宋哲宗の礼遇で、当時中国の高僧50人ほどあまねく面会して、仏法を議論した。杭州天竺寺の从谏尊者を師として天台教観研究し、天台山智者大師の塔を巡礼したことがあった。教義に従って、いつかふるさとに帰り、命を尽くしても仏法を広く伝えるという願をかけたこともあった。中国にいた十四月で各宗派の典籍を集め、経書千冊を国に持ち帰ったため、高句麗の宣宗王及び皇太後に大歓迎された。義天は力をこめて天台教義を広く伝えたため、天台宗は大いに盛んになった。義天は円寂した時わずか47歳であったが、その弟子が千人ほどいて、その中には有名な人がさらに160人もいた。天台宗だけでなく、韓国仏教全体にとって大きな影響を与えた。
 
 宋の末、圓妙了世国師は全罗南道江津万德寺で天台白蓮結社を建て、高句麗末期の仏教の一時の中興を促した。
 
 天台宗を含んでいる海東仏教は高句麗王朝が支配した471年間で大いに盛んになった。しかしながら、朝鮮李氏王朝には仏教を抑える政策が下された。その状況で、天台宗は禅宗と一つにまとめられた。それから、天台宗は仏教を抑える波に吸収されて、民間の深層の中のみで伝え続けられた。称賛に値するのは、ただ天台宗を研究し、『蓮経別賛』を著してある梅月堂の金时习(1435―1493)と「注:雪琴居士查无此人」、『禅学入門』を書き、天台止観がすなわち天台禅ということを論述した月窗居士金大铉(1855)と二人のみである。
 
 現代に至るまで、やっと立ち直った韓国天台宗が、いち早く発展した。1945年、上月圓覚法師は韩国忠清北道の丹阳郡の小白山の間で救仁寺を建った。1966年、天台宗に再建された救仁寺は、第二年で政府の登録を受けて、天台宗を成立した。上月圓覚法師は初代の宗正を就任した。1982年、韓国天台宗は金剛学院を創立し、金剛仏教大学も内設された。1985年月刊の『金剛』を創設した。
 
 現在、小白山の救仁寺はすでに韓国仏教天台宗の本部となって、支部の寺及び仏教団体などが350所で、信者が167万人に達している。
 
 韓国天台宗は宗団の三つの目標を打ち出した。一つは国を愛する仏教を建つこと。その内容は、福祉社会の建設を貢献するため、民族の中興事業に身を捧げることと、国民の道義を尽力して再建するため、社会を浄化する活動に熱心に参加することである。二つ目は仏教を生活化にするのを呼びかけること。その内容は、幸福を祈る仏教から幸福を享受する仏教まで、暇な仏教から生産する仏教まで、アイドルの仏教から実践の仏教までになるのを呼びかけることと、生活を実践することこそ、仏教を実践するという理想を打ち出すことである。三つ目は大衆の仏教を体現すること。その内容は、伽藍の仏教から民衆の仏教まで、家出の仏教から在家の仏教まで、厭世主義の仏教から救世主義の仏教までになることを呼びかけることである。
 
 韓国天台宗は我が国の仏教界との関係がとても良好である。1992年、韓国が中国と外交関係を結んで以来、韓国天台宗はよく訪中団を派遣して、我が国の天台祖庭を参詣しに来る。1995年、我が国と協力して天台山国清寺で中韓天台宗祖師記念堂を建った。記念堂の中に智者大師と韓国天台宗の大覚国師、上月祖師を祭っている。記念堂の落成式で韓国天台宗から300人あまり規模の代表団を派遣して参加した。1996年5月、国清寺が建ってから1400年と智者大師が円寂してから1400周年を記念するため、天台山国清寺は一年を繰り上げて法会を行った。韓国天台宗から200人あまりの人によって組まれた団体が参加して、日本天台宗も参加した。中韓日三国の天台宗信者は一堂に楽しく集い、大盛況であった。同年9月、中国仏教協会が主催する明旸法師を団長とする30人あまりの代表団は韓国を訪問して、韓国天台宗が主催するた智者大師が円寂してから1400周年を記念するための中韓日天台宗の法会に参加した。1997年4月、中国仏教協会に組織された刀述仁副会長を団長とする代表団は韓国天台宗の釜山三光寺の九層宝塔の落成式を参加して、中韓両国の仏教界の友情をさらに増進した。仏教事業の発展と共に、中国天台宗と韓国天台宗の間の交流は必ず日増しに頻繁になると信じている。
 

サブカテゴリ

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有