仏教の生命観

贤清法师は新リスボン(ULisboa)大学の社会人文科学学院で仏教の生命観をテーマとする講座を開催しました。それが今回のヨーロッパ日程の中に第一回の講座であり、私たちのすべてのメンバーにとっても重要な修法であります。

生命輪廻の起因

数千年も聞かれた質問である――私はいったい誰ですか?どこから来て、どこへ行くのか? 異なる質問と答えには異なる文化伝统ができました。聖書の中で、生命は神から创造されたと思われます。中国の伝説物語の中で、人類は女娲(じょか)と言う女神から创造されたと言われます。インドのバラモン教(Brahmanism)の中で、人類がサンスクリットによって作られたものであると言われます。ただし、現在は科学が発展している时代には、人類が進化してきたと思われます。サルから進化したと言われています。

しかし、神の由来は?女娲(じょか)の由来は?サンスクリットの由来は?生命がどうやって現れますか?また新たな問題を生み出しました。

仏教は生命が始まりも終りもないと認識してあります。生命が六道の中で绝えずに缲り返して輪廻するものであります。六道の中で最も高いのが天道であり、最も低いのが地獄道であります。中には修羅道、人間道、畜生道、餓鬼道などが含まれます。

仏教で生命輪廻の力が業から生まれるという話があります。では、業はどんなものでありますか?業の核心要素は人間が考えることができ、考えれば新たな力になり、更に人間の話と行為を推進することができると言われます。

仏教は六道の中で人間道だけ考える能力を持っていると思われます。だから、人間道の造業能力が十分強くになるこそ、生命の歩みを変えることであります。

業の作用機制

業は影響力があり、そして、その影響をしばしば周囲の環境を通して私たちに与えられます。通常、人間はそう思う、この環境は私たちに作用を発揮する。実际にそれはただ幻像であり、環境は私たちに影響を与えると言うことはただ私たちの業に対するのフィードバックにすぎではありません。

谷の中にいて、対面の谷に向かって叫んだ時にこの声が伝播して、対面の山頂までに戻ります。この時に、反響を聞こえます。

もしも私たちはすべてのプロセスを分からなければ、谷の向こうに立っている人に呼ばれると思うべきであります。私たちはすべてのプロセスを理解できれば、私たちが闻いたのは、自分から出した声だとわかってきました。業の作用機制はそのようなことであります。

業の影響はプラス、積極的な影響とマイナス、消極的な影響に分けられます。プラス、積極的な影響はエネルギーを蓄積することができ、マイナス、消極的な影響はエネルギーを消费することになります。私たちのエネルギーが蓄積された後に、一つの機能になります。私たちの生命を上へ行くことを推進され、人天善趣までに上昇します。私たちのエネルギーが絶え間なく消費される後に、生命が下へ行くことになって、三悪趣まで堕落します。このような積極的な、エネルギーを蓄積することができるの業を善業と言われます。マイナス、エネルギーを消费することになる業を悪業と言われます。だから、善業であろうと、悪業であろうと、業でさえすれば、きっと私たちの生命を輪廻の中に抑えます。この意義から言うと善業と悪業は本質の区別がなくて、すべて業であります。私たちの生命が六道の中に輪廻できるの一つのエネルギーになります。

私たちの生命が窮屈な感じをして、その根本的な原因は業の束縛を受けることであります。私たちの生命が終わった後に、業の力から私たちの将来の方向、どの道に行くと指し示します。我々自身の生命が六道中のある一つとの関係は、まるで地球上の一つ物体と地球の関係が同じことであります。私たちはある一つの道と相応な業を作ったら、この業はその道と相応な業の間、お互いに一つの強大な吸引力が発生して、私たちが六道中の一つに転生することを招きます。

造業の推進力

業に私たちの生命が拘束されて、六道の中から脱出できなくなります。.それでは原因が何でしょうか? プラス、積極的な善業はエネルギーを蓄積することができ、マイナス、消極的な悪業はエネルギーを消耗することになります。仏教は、プラスの善業が愛から、マイナスの消極的な悪業は恨みから生まれると思っています。爱はエネルギーを蓄積する力があるし、物事を創造できます。うらみは别の力があって、エネルギーを壊滅することとなります。これはなぜ小説や映画、歴史の中に愛を褒め称えるの理由であります。積極的なエネルギーがあって、物事を創造できます。しかし、恨みはすべてエネルギーを消費し、物事を壊滅しています。

しかし、もし全体から見れば、このエネルギーはいつか消耗されて、消耗した後にいつかにもう一度蓄積できると言うのは、仏教の中に「崇高になった後に必ず堕落になる」と言う無常性であります。

エネルギーを蓄積されると1つの生命が誕生し、そのエネルギーを消耗すると生命が失います。だから人間が生きているか死ぬか、宇宙の大きなエネルギーを背景にしてから見ると、ただ宇宙のエネルギーで海の中にある一滴の波のように浮かんと消耗します。

私たちは心の中に爱と恨みがあるから、エネルギーを蓄積され、消耗されています。爱は生命間からのお互いに合う、相応しています。しかし、生命中の恨みは生命間の衝突と决裂からのであります。生命の間に相応と一致して、喜びの感じを持ってくれます。しかし、衝突と决裂は苦痛な感じを持ってくれます。この种々の感覚は、名言や概念の力によって強固し、拡大にする。爱や恨みの感情も、人間が考えることによって、造業する強大な推進力となります。

造業の原動力

業の本質を見ると、このような概念化になるものは、私たちの造業原動力と推進力になることが分かります。言葉と文字の助けを借りて、人間の造業能力がこんな強大になれます。六道の中で、一つの重要な要素は、人間の名言と文字が形成することであります。これも私達が造業の推進力であります。一つの具体的なことが概念化されると、私たちがそのことと付き合う時に、付き合っているのはそれ自身ではなく、脳の中の概念であります。私たちが海に行く場合に、私たちが接触するのは海ではなく、脳の中に海の概念であります。

人間の心は鏡のようなものであります。外部の物事を照らす時に、鏡の上に画像が映る。一旦、この映像が出てくると、鏡は外部のものと作用している時に、直接外部のものと作用するのではなく、画像によって作用します。だから、中には一つの膜が挟んでいます。一つの堅固な壁のように私達を待っています。

だから、私たちは現実に向かう時にいつも無力と感じているのであります。私たちはいつも脳の中に現実の映像とやり取りしています。現実自身とは繋がっていません。これは私たちが現実に直面している時に、変える力がないとの理由であります。

この場合は,ニュートンの第三法則に記載されている力と逆の力との関係に相当します。私たちの心が物事に対する作用は、集中的に映像に対する作用に体現しています。私たちの心と映像の作用がお互いの関係と異なります。この力と反対の力の間の関係も異なります。貴方がどれぐらいの力を与えられるか、それがどれぐらいの力をフィードバックしてくれます。これが業の機制であります。

仏教の中に、概念化された内容は悩みと定義しています。取相でこのような心理状態を叙述しあす。すなわち相を取り、そのような心理状态を描いています。取相と言う心理状態を悩みと定義します。

だから、一般的に一つの対象を概念化されると、取相が生まれます。一旦、私たちが取相した後、心がその相に作用を発揮することになります。これは造業であります。一旦、この業を作っされた後に、私達の生命がこの業にきつく束縛される。造業の力が强ければ强いほど、将来にこの業は輪廻の中に私達を束縛する力も強くなります。

生命の中に潜る能力を発掘する

私たちの心が取相される過程で、概念と名言に束縛されて、心のエネルギーが発掘されないです。生命の中に潜る能力をどうすれば発揮できるかと、それが私達が発心するべきのことであります。

仏教の中に、この概念化の過程、即ち人間の考えは外部の物事に対する取相と相応している状態を錯乱の夢と述べます。或いは様々な空想だと言うことであります。人間は朝から晩までに錯乱の夢と空想の中に生活しています。真実な世界にいる時間が少ないです。それは私たちの心の力、生命の潜在能力が開かれない理由であります。

菩提心を発揮すれば、様々な空想を突き破って、自由に真実な世界に生きることができると言うのが仏教の中に発心の意义と価値であります。いろいろな錯乱の夢を突き破って、私たちの心の中に潜る能力を十分に発揮して、これは発心ということであります。

不真実な心を除いて真心を開く

仏教の発心と言うことは、不真実な心を除いて、真心を開くことであります。かすかではっきりしない影像のために生活することではなく、真実に物事の自身に向かって生活します。私たちはもう逃げないし、空想もしないし、恐怖もしないし、自慢もしないです。私達が発心する瞬间から、リラックスして、全身で生活を抱きしめ、生活します。自分の生命をすべて生活に溶け込ませて、これは発心の特質であります。発心した後、名言と概念の中で生活するのではなく、真実な生活の中で生活することで、生活との距离を完全に融合します。

本心を持って生活すれば、すべての生命から呼吸を感じることができます。一つの砂の中から世界の全部を见ることができます。この時に、生命の中にすべてのせわしく動くことが平和になれます。すべての軽はずみのことが重厚になります。

このような一つの真心を持って生活します。私達がやることを少ないと見えて、そのことも何も作用がないと見えます。しかし、成果はそんなに豊富で、長くて遠くて影響できます。全く时间の流れに従って色を退却しないです。

真心を持って生活すれば、他人と自分の対立を避けるし、主観と客観という二元の対立を解消して、生命はそのために一つになります。ここで、貴方と私及び彼に関わらず、心と心のインタラクションと交融だけ存在することであります。

サブカテゴリ

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有