中国から初の訪日代表団


中国に新政府が誕生してから五年目一九五四年十月、まだ、日中両国の国交回復の見通しが立たぬさなか、中国から初の訪日団として、中国紅十字会訪日代表団が来日した。 これは日本赤十字社、日中友好協会、平和連絡会の三団体が、前年、北京で中国在留日本人帰国問題で中国側と交渉した際、中国紅十字会が、大変、協力してくれたので、その努力に感謝するため、三団体が政府の反対を押し切って招待したのである。

李徳全(中国紅十字会会長)、廖承志(同会顧問) 以下十人の代表団は十月三十日から二週間日本に滞在、東京、名古屋、京都、大阪、神戸の各地で、各界、諸団体の歓迎会、座談会などに出席、友好交流を重ねた。

李徳全団長一行は京都滞在中、十一月七日午後四時、東本願寺を訪れた。末広愛宗総長、菅原恵慶同事務局長ら、多数の出迎えを受け、阿弥陀堂、大師堂に参詣、そのあと、書院で大谷光暢法主と面会、日中仏教徒の交流について懇談した。

席上、李団長は「今後が、日中両国の仏教研究を促進するため、中国の文献や資料を大いに活用していただきたい」と日中の文化交流の必要性を強調した。

このあと、一行は西本願寺を訪問、藤音得宗務総長、森川智龍谷大学学長らの出迎えを受け、白書院で懇談した。

席上、森川学長から、「戦後、途絶えている日中間の仏教学術交流を再開することは、極めて大切なことであり、是非、実現するよう努力していただきたい」と要望があり、同大学から仏教学関係図書、雑誌など二十二冊が中国側に贈呈された。李団長はこの申し出を快諾、懇談会は和やかに終わった。一行は続いて御影堂、阿弥陀堂に参詣、飛雲閣を参観した。

訪日団が東西両本願寺を訪問の際、廖承志副団長から「中国浄土教発祥の聖地、玄中寺(山西省交城県)は、中国の最重要文物であり、政府によって、修復されることになった」ことが明らかになった。

日本浄土教の祖庭、玄中寺の消息については、戦後、全く、不明で戦争によって破壊されたという噂もあった。

玄中寺の存否に、長年、心を痛めていた菅原恵慶師(曇彎大師奉賛会会長)は「玄中寺修復の朗報は、中国から日本仏教徒にもたらされた最大の贈り物である。全く喜びに堪えない」と語っている。

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有