公益事業と仏教出会い、お寺で奉仕するボランティア達

概要:龍泉寺とご縁を結ばれたきっかけはボランティアの募集であります。ここでボランティアとして勤めている人は皆帰依した方ではなく、「感謝の気持ち」を抱え来ている方もいます。法要の前日に、ボランティア達はお寺に来ています。男女老少問わず自分のできる限りの力を尽くしています。信者達は学誠大和尚のブログ、ミニブログを通して仏教を学び、仏教に近づいています。

龍泉寺と縁を結ばれたきっかけはボランティアの募集であります。ここでボランティアとして勤めている方は皆帰依したわけではないです。「感謝の気持ち」だけという方もいます。

一千年以上の年月を歩んできた龍泉寺は、現在規模がますます大きく、法要も次第に多く行われ、一つの仏教活動を展開する土台となりました。必要に応じて、龍泉寺は週末のボランティアを長期に募集しています。ボランティア達はここで仁愛基金会に寄付した衣類を整理したり、食堂と帰依法要のお手伝いしたり、愛心学校のお手紙の整理したり、野菜や樹を植えたり、掃除したり等のことができます。また、自分の意思で仏法を学ぶ教室にも参加できます。

     

法要の前日にボランティアの皆はお寺に来て、仕事の分担を受けます。次の日の早朝三時に朝食の準備している時、一方では信者のみなさんは朝のお勤めに励みます。朝食、夕食にはたくさんのボランティアの辛労を凝縮しています。感謝の気持ちでいっぱいです。男女老少問わず、ボランティア達は自分のできる限りのことを尽くし、公益事業に励みます。感謝の気持ちを込めてみんなのため奉仕しています。

     

たくさんの信者達は学誠大和尚のブログ、ミニブログを通して仏法を学び、仏法に近づきます。「浴仏節」「清明節」の法要の時、たくさんの「仏」のボランティア達が龍泉寺に来ています。行いの中で心を鍛え、法師や大徳や同行善友に近づきます。

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有