「仁爱心栈」のボランティアが 「最も国際伝播力がある中国公益物語」に入選され

第一回と第二回藍海雲「最も国際伝播力がある中国公益物語」に継いで、近日、第三回の選出イベントが行われました。120カ国と地域の6000社の国際メディアの総合採点を経て、AP通信やBBCなど国際トップメディアも候補物語について一つ一つコメントし、ようやく第三回藍海雲「最も国際伝播力がある中国公益物語」の最終リストが公表されました。

第三回「最も国際的な伝播力のある中国公益物語」リスト

  1. 阿蘇英雄の黒板
  2. 伝統ゲームで失った子供時代が見つかった
  3. 海信がアフリカの子供達にサッカーの夢を実現させました
  4. 年配の兵士の故郷への思いを実現
  5. 知的障害の子供の「奉粥」の旅
  6. 深圳陶磁会社のCSR実践———お留守番の田舎の子供達に家族団欒の家を作りましょう
  7. 上海復興薬会社———南アフリカの子供の命が二度とマラリアに奪われまい
  8. 大学生が歴史映像を口述で記録する計画
  9. より多くの母がもっといい母になれるように
  10. 山奥の図書館で子供達に希望の光を見せましょう

一位の物語の『阿蘇先生の黒板』の主人公は阿蘇であり、彼は男尊女卑のイ族地域で女の子のため、自分の家の厨房に一枚の「黒板」を設け、無料で教育を始めました。15年間過ぎ、一つの黒板から20の教室となり、幼児教育専攻の2名の女子教師も阿蘇の学校に来て教え始め、その村には学校に行けない女の子がいなくなりました。イギリスBBC NEWSの新聞記者のMatthewは「中国農村のプラス的な向上的な物語であると」評価しています。インドのZEE NEWSの記者のParamjeetは「たくさんの発展途上国の女の子達の教育レベルが低い、原因も多く、藍海雲もこのようなことをやるべきで、女の子の教育が罪であると世界にまだこのよう国があり、私たちが藍海雲の映像を通して反対意思を表明するべき」と強調しました。

『知的障害の子供の「奉粥」の旅』は特殊な子供とボランティアの間で起きたできごとという物語で、たくさんの国際マスメディアの審査員を感動させました。17歳の男の子の知力レベルは4-5歳のレベルがしかなく、彼の家の近くのボランティア達は毎日御粥を通りかかる人々に配っています。「奉粥」に興味を持ち始めた過瑞がボランティア達の目を惹かれました。最初の頃、彼は見られたらすぐ逃げたが、そのうち、徐々になれ、自分も「奉粥」し始め、挨拶とお辞儀もできるようになりました。普通の人にとって簡単なことが、彼が17年間もかかったが、しかし、他人の尊重を受け、大変うれしいだと過瑞のお母様が言います。スロベニアのRTV Slovenijaの編集者のBarbara B. Stegemanは多忙な大都市の人道的な一面を表していると指摘しました。人ごみの大都市の北京には、他人のことを暖かく見守っているグループが存在しています。一人ひとりが尊重されるべきで、身体障害者でも尊重されるべきだと藍海雲を通して世の中に伝えるべきです。とても暖かい場面になります。

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有