第五回世界仏教フォーラムが閉幕を迎え、代表から7つ提案を提唱されました

第5回世界仏教フォーラムが10月30日午後福建省莆田市で円満に閉幕されました。代表者が閉幕式で「第5回世界仏教フォーラム宣言」を読み上げていました

中国仏教協会副会長宗性法師、アメリカ法界仏教総会董事長恒実法師が「第5回世界仏教フォーラム宣言」を読み上げ、世界各地から出席された高僧大徳達が現場に立ち会っていました

第5回世界仏教フォーラムが10月30日午後福建省莆田市で円満に閉幕されました。代表者が閉幕式で「第5回世界仏教フォーラム宣言」を読み上げ、仏教においての交流、文化遺産の保護などについて7つの提案を提唱しました。

今回のフォーラムが「交流により互いに鑑み、中道円融にしよう」をテーマとし、55カ国・地域から訪れた仏教界同士、専門家・学者及び社会各界からの見識者の1000余りが出席され、参加された国や地域の数は以前のフォーラムを上回っています。

中華宗教文化交流協会会長王作安様が挨拶で以下のように述べました。世界仏教フォーラムがこれで第5回が開催され、世界各国の仏教界交流、互いの鑑みに重要な場を提供していると同時に、世界平和の維持、人類福祉の増加にも仏教が積極的な役割を果たし、重要な舞台を提供しました。中華宗教文化交流協会が主催の一つとして、世界仏教フォーラムが円満に開催されることに力を捧げることは、光栄な使命だけではなく、重要な責任も持っています。私たち光栄な使命だけではなく、重要な責任も持っていますは今後も平等、包容、開放との趣旨にそって、台湾、香港、マカオの仏教組織と連携し、共同に世界仏教フォーラムを継続に主催し、これで最も影響力のある多角的な対話のメカニズムを構築し、世界中に仏教の声をより広く響き渡るように力を尽くしていく所存であります。

王作安様は「福建省が古代海のシルクロードの東からの起点として周知され、深厚なる仏教歴史文化の資源を抱え、異なる文化の融合に重要な位置を占めている。現在は、“一帯一路” イニシアティブの推進によって福建省の経済社会の発展にはチャンスを迎えると同時に、福建省で仏教文化を含めた対外交流の展開に良い条件を作った。今回のフォーラムの開催を通して、各国出席者らは福建省、莆田市に対して良い印象が残り、殊勝な縁を結ぶよう期待している」と述べました。

中国仏教協会副会長の宗性法師、アメリカ法界仏教総会董事長の恒実法師が「第5回世界仏教フォーラム宣言」を読み上げ、世界各地から出席された高僧大徳達が現場に立ち会っていました。

「宣言」には中道円融との仏教精神、慈悲平和との仏教教義を広める、「一帯一路」沿線各国間の人文交流、民心相通を促進する、南伝佛教と北伝仏教における各領域の交流を深め、世界仏教文化遺産を守って、篤志、慈悲済世との仏教精神を広める、「依正不二、身土不二」との仏教の環境に対する愛護思想と保護理念を広めるなど7つの提案を提唱しました。

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有