八風に吹き倒れるな

師匠は私にこう言いました。「昨日書いた文章を見て、以前よりは少し穏やかになりました。」もう一人が書いたものときたら、「それも少し浮ついていて、あまり落ち着かない感じでした。それなりの心境にならなかったら、もっともな文章が書けないです。」と言った。私はこの話を、自分が書いた記事はあまり浮つかず、落ち着いていて、ある程度そういう心境に達したと聞き取れたので、内心些か嬉しく思いました。

実は、師匠は必ずしもそういう意味ではないです。後日、現場にいたもう一人の法師とこの心境について話した時、私の書いたものにはまだ少し浮ついていて、落ち着かないところがあると師匠が暗示してくれているのだと教えてくれました。師匠の全く同じ話なのに、私たち二人はまるで違った意味に読み取れました。

こういう時になって、私は初めて自分が正念を失い、全く「無知の自己愛」に陥ったことに気づきました。師匠にはまだ名指しで称賛されていないのに、自分は既に「人為的風」に吹き倒されました。もしも本当に師匠に褒められたら、この 「強風」にどこに吹き飛ばされるのか分からなくなります。目下の業は既に清浄ではなくなり、どうやって「生死の流れを遡り、解脱の道を辿れるのか 」。過去数十年の人生を省みて、毎日のように「称賛、誹謗、毀損、栄誉、利益、衰退、苦痛、快楽」という八風に左右されるのではないでしょうか。正に「暖風薫り得て遊人醉い、直ら杭州をもってべん州と作す」と言った通りです。

今年の春節の間、師匠が布教した日に、天候が悪く、風が強くて寒いでした。布教が終わった時、私は師匠の後について少し不満げにつぶやきました。「あいにくの悪天候ですね、こんなに強い風に!」「外的の風は何ともないが、八風にさえ吹き倒されなければいい。」と師匠がにこやかに言いました。師匠の一言で自分の事に当たる時の愚痴無明、気ままな習性、わきまえのなさを分からせてくれました。この「八風」は本当に「静かに万物を潤す」ものです。

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有