第五回世界仏教フォーラム

チュラーロンコーン大学校長 PhraRajapariyatkaviの祝辞

第五回世界仏教フォーラムが、2018年10月28日から30日まで中国福建省莆田市において開催されますこと、タイ国のチュラーロンコーン大学学長として、謹んで祝辞といたしまして、衷心より慶賀申し上げます。

さて、今般、科学の急速な進歩に連れて、ますます精神的な教えや支えが必要とされる今の世界では、大は国から小は家庭に至るまで暴力や紛争は広く存在しています。衝突がエスカレートしていることに向けて、仏教はこの問題を抱えた世界を明かりで照らさなければならないのです。全人類に和合や幸福をもたらすために肝心なのは、時間とともに経験を積み、育てられる相互学習や慈しみの心、そして中道であります。

全ての仏教の指導者たちは時を移さず一致団結して、自分の国だけでなく、全世界の範囲で仏教を守り、広めなければなりません。第五回世界仏教フォーラムが人間本位である釈尊の教えを実践することに通じて、全人類の福祉に多大な貢献を成すものと確信いたします。この場に借りて、2005年に設立された世界仏教フォーラムのすべての創設メンバーに感謝の意を表わします。

第五回世界仏教フォーラムの円成を祈念して祝辞と致します

チュラーロンコーン大学校長 PhraRajapariyatkavi

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有