1. 趙小翠:賢二さん、王小五に一目見られました。
       賢二:それがなにか?

2.趙小翠:何かって?こんなに見られましたよ。

3.賢二:他人の見方を気になるのは結局否定られることを恐れて、自分を守りたいからです。

4.賢二:こんな心は止まらずに私たちを不安させて、傷つけられる前に、もう息が詰まるようになってしまいます。

5.趙小翠:素晴らしいですね。

6.賢二:他人の一つの目つきだけで自分を谷底に落ちらせてしまいます。自分の苦楽ばかり心配するのをやめって、他人を助けるために自分は何ができるかをよく考えましょう。

7.趙小翠:すっかりしたなあ。
       賢二:そっちはほっとしたが、こっちはどうだろう。

8.賢二:師匠、賢九さんはこのように僕を一目見ましたよ。ほら...

 

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有