1. 趙小翠:賢二さん、なんで私を無視しますか。
       賢二:絵を描いていますよ。

2. 趙小翠:今回、私は貴方に一つの質問を聞きたいです。母はよく私にくどくどと話します。悩んでいますよ。どうしますか。

3. 賢二:ほら。

4. 賢二:私たちは小さいころいろいろな話を繰り返していました。お父さんとお母さんは私たちを愛していて、悩みませんでした。

5. 趙小翠のお母さん:早く帰ってね。
       趙小翠:何度も話したよ。

6. 趙小翠:じゃ、どうしたら変えますか。

7. 賢二:私のははを思い出しました。


【見行堂語】

改変する必要があるのはお母さんのおしゃべることではなく、自分の無関心です。

 

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有