1. 賢二:師匠、また賢一さんに叱りました。彼はなんでそんなことを。

2. 賢二:師匠、賢三さんは賢四さんに僕の事をこう言いましたよ…賢五さんは賢六さんに…

3. 師匠:これをどうぞ。
       賢二:何ですか。

4. 賢二:ただ一本の枝ですけど。

5. 師匠:土地で丸を描いて、そうそう、このようにして、出てこないでください。

6. 師匠:他人の見方をよく気にする人は、ある自分を中心とする想像の中に生きています。

7. 師匠:風や雲をつかむようで、推測して妄想します…自分に「他人の見方」というわなを創造します。

8. 賢二:師匠、話がまだ終わっていませんよ。離れないで、又賢七さんと賢八さんも僕のことを…

 

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有