【見行堂語】世の中のすべての人、事、物、法、境界、いずれも相対的な概念です。私達凡夫が無明煩悩に惑わされて、自分の主観によって、いろいろな仮の名前を付けてしまいます。世間のすべての物事はその名称はそれぞれ違いますが、実相は違いはなく、全部、空です。あらゆる仮の名前は衆生の主観憶測で名付けられた物であり、実相は全てが空なのであります。

 

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有