日本宗教の調和性

記事インデックス

1 2 全ページ

情報元:商業文化 筆者:武青 時間:2010-05-11

経済のグローバル化が急速に進む現代において、民族間の文化交流が日に頻繁になってきています.中では、一つの国の核心文化としての宗教文化を理解して初めて、真の文化交流が成り立ちます.そのために、日本という国を理解するには、日本の宗教への研究が必要不可欠になっています.本稿では、日本宗教の現状とその独特な宗教意識への考察を通して、アジア諸国との異なった日本文化をより一歩進んで理解をし、更にその文化的特性から中国の調和社会構築へのヒントを見出したいことを目標としています.

宗教と文化は緊密に関連しています.異なった宗教理念から各民族の人々の考え方の違いが生じ、更に文化的な差異が生じてきます.日本文化の形成と発展において、宗教はずっと重要な役割を果たしてきました.

一、日本人の独特な宗教・信仰意識

周知の通り、日本は人口1億あまりの島国であります.日本文化庁宗教事務課の統計によれば、2002年12月31日まで、日本の神道の信者が10,600万人おり、仏教信者が9,600万人いることがわかります.この二つの信者数を合わせただけでも、日本の総人口数を一倍も超えることとなります [1].あの科学技術が高度に発達している日本で、その国民がなぜこのように宗教に熱中するのでしょうか.先進国としていながら、日本はなぜこれほど多くの神社と寺院を持っているのでしょうか.神道信仰と仏教信仰を同時に持ち合わせている日本人はなぜこのように大勢いるのでしょうか.また、日本人が家の中で神と仏と同時に安置すること、そして映画などでよく見られる困った日本人が神と仏、そして祖先に祈り助けを求めるシーンがありますが、これは中国人と欧米人の目から見れば大変不思議なことです.それにもかかわらず、日本人はなぜ自然にできるのでしょうか.

それは、日本では二種類以上の信仰を同時に持つことが普通に許されているからです.日本人の宗教意識の中では、神道と仏教が並存するもので、神と仏が平等的であります.歴史の流れにおいて、神道と仏教の関係は形式的に変貌したものの、神仏並存の思想は一貫として日本人に深く影響しています.

二、日本宗教の調和性の現れ

日本の宗教は古くから日本文化を影響し、日本人の生活で重要な位置を占め、日本人の生活に融け込んできました.

1、古代建築物

京都府左京区の銀閣寺は寺院建築物を代表する建物の一つです.日本建築の伝統の影響で、銀閣寺は茶道と禅宗文化を重んじ、庭園では貴重な石や樹木が設置されています.しかし、不思議なことに、その中ではひとつの目立たない普通の「鳥居」があります.目がくらむほど美しい銀閣寺に気がとられ、その石の鳥居の存在はガイドに見逃されるほど普通です.しかし、鳥居とは元々神の領域と人の世俗を区切るシンボルである以上、日本伝統的信仰文化の神社建築の象徴であるはずの鳥居が、仏教の寺の境内に現れるとは、実に摩訶不思議なことであります.

また、日本人の中では、古くから信仰されてきた神道と伝来してきた仏教は、同じような役割を持っていることを信じられ、神も仏も人を苦難から救済し、神も仏のように「菩薩」の名を得ることができると考えられています.そのために、多くの神や神社は二つの顔を持っていました.例えば、国家鎮守や災厄祓いなど多くのご利益が信じられている八幡の神がありますが、鎌倉時代以来、それを祭る神社は日本各地で400箇所を超えました.[2]ここで、日本人宗教信仰の特殊性から、八幡大神は八幡大菩薩とも呼ばれ、八幡神社は八幡大菩薩神社とも呼ばれてきました.

2、神仏習合の宗教活動

上述の通り、日本人の宗教意識において、神道と仏教は平等的に並存するなものであり、日常生活でそれぞれの役割を持っている以上、多くの日本人は神仏習合的な宗教活動に参加しています.

その中で最も端的な例は、大多数の日本人は結婚式が神前式或いは教会式で行われ、葬式が寺で行われることです.他にも、クリスマスが近づくと、キリスト教徒でなくても、日本人は積極的にクリスマスツリーを飾るし、大晦日に鐘を聞くために寺院まで脚を運び、お正月には家族の平安と新年の幸せを祈りに、神社へ初詣にいくことが挙げられるでしょう.また、七五三になれば子供を神社につれてその健やかな成長を祈り、旧暦7月15日になれば仏教の教えにしたがって帰省し、ご先祖様を祭ります.

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有