仏教文化に浸る千年の古都~日本の奈良

記事インデックス

1 2 全ページ

資料元:芸術中国 作者:張 暁来 時間:2010年6月7日

2010年1月12日、日本の古都奈良は遷都1300年の記念日を迎えました.そのため、今年(2010年)は一年を通じて様々なイベント、そして展覧会や音楽会などを開催することになります.奈良は輝かしい歴史を持つ古都であり、今になっても、シルクや漢字が町に溢れ、仏教文化に浸っています.

興福寺興福寺は8世紀に、当時の執政者である藤原氏によって建造された寺であります.藤原氏の権力の膨張に伴い、寺の敷地もどんどん拡大され、当時は50平方キロメートルもの広さを誇っていたが、現在はわずか4平方キロメートルに縮小されました.興福寺興福寺は8世紀に、当時の執政者である藤原氏によって建造された寺であります.藤原氏の権力の膨張に伴い、寺の敷地もどんどん拡大され、当時は50平方キロメートルもの広さを誇っていたが、現在はわずか4平方キロメートルに縮小されました.

興福寺

興福寺は8世紀に、当時の執政者である藤原氏によって建造された寺であります.藤原氏の権力の膨張に伴い、寺の敷地もどんどん拡大され、当時は50平方キロメートルもの広さを誇っていたが、現在はわずか4平方キロメートルに縮小されました.

伝統衣装

春日社の境内に、武士の衣装を装う子供たち

古い屋敷

長い歴史を持った古屋、その屋根は瓦造りのもの

「懐石」料理

「安房」という名の懐石料亭で、懐石料理は精緻を尽くし、器具まで格別にこだわりが多いのです.

懐石料理は日本の寺院に由来しています.戒律を念にして少食を行い、簡素な料理しか口にしなかったが、そのうち猛烈な飢餓感に襲われてしまった故、そこで、暖かい石を抱いて、飢餓感を少しでも和らげることを思いつき、それが「懐石」の名前の由来であります.

東大寺

奈良は日本における仏教の伝播において、かけがえのない重要な役割を果たしていました.その証拠として、今でも奈良の町のところどころに古寺が見られます.

東大寺のイメージ.東大寺は奈良の最も大きな寺であると同時に、世界で最大の木造建築物、また、日本華厳宗の大本山であります.


 

日本で最大の仏像

日本最大の仏像は東大寺に供えられています.この仏像は752年に完成されていました.

 

奈良の古風の町並み

古都 奈良の町並みは古風に満ちており、大変魅力的なものであります.

 

奈良公園

町の中心に位置する奈良公園では、野鹿が気のままに散歩している光景.

 

奈良皇居

奈良皇居は784年の長岡京遷都に伴い廃棄されました.写真に載せてある宮殿は当時の姿を模倣したもので、建築費用は1億ドルにも上っていると言われます.2010年4月24日に一般公開されました.

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有