仏陀の悟りと人類の福祉

——第八回「国連ウェーサクの日」の祝祭での挨拶

(2011年5月14日タイ・バンコク国連会議センター)

1950年以来、世界仏教徒の共同な努力のもと、仏陀のご誕生、ご成道、ご入滅の「三期を同時に祝う」を特徴とするウェーサクの日の祝祭は国と地域の境を超え、世界に向けて邁進しました.また、1999年に国連の承認を得られ、国連の日として確立されました.これは世界範囲において、仏陀の慈悲、知恵、円融の精神を拡げるために堅実な礎を作りました.

2004年の第1回「国連ウェーサクの日」の祝祭がタイのバンコクにて盛大に行われました.8年以来、「国連ウェーサクの日」を通して、世界の仏教徒は世界の人民と一緒に、世界平和の維持、持続発展の促進、公正、民主的な文明社会の建設、グローバル的な危機を乗り越える等重大な問題に、積極的な役割を発揮しました.今回の「国連ウェーサクの日」の祝祭は「仏教の社会経済発展への貢献」をテーマにして、仏教と世間の持ちつ持たれつの関係、世間を超越しながら、世間に参与し、世間の悩みをなくすという特徴を取り上げます.

長い農業文明の時代を後にして、人類社会は200年余り前に、日進月歩、盛んに発展している工業文明の時代に入りました.大規模的な生産と社会に商品が溢れていることを特徴とする工業文明は、人類に物質的な便利と裕福をもたらした一方、未曾有のチャレンジも人類に直面させました――地球の資源が迅速に消耗され、自然環境が厳しく汚染されました.世界経済の一体化に伴い、人類社会の公平と正義に関する問題は一つの国、一つの民族という制限をとっくに越えられ、世界各国、各民族がともに直面している課題となりました.経済が発展すること自体は諸問題をもたらした同時に、かえって経済の更なる発展のハードルにもなっています.

仏教は創設して以来、一貫として、人類と自然の関係について、人類と自身の関係について、超越な視点、寛大な心で扱っています.アメリカの有名な生態文学者エドワード・アビ―(1927-1989)は、「成長のための成長はガン細胞の増殖とかわらない」と記しました.発展すること自体は問題ではなく、人類の必要とする発展方向を明確にすることは肝心なことであります.それに、この発展のプロセスの中、いかに発展すること自体が本来の目的を背けないことは重要であります.ブッダの悟りは人類に莫大な福祉をもたらすことができました.人類に極めて貴重な精神的な宝を残してくださいました.「依正不二」、「自他不二」はその中にもっとも傑出な代表的なものであります.「依正不二」、つまり、人類は大自然の環境の中に身をおかれていて、大自然とは対立しているわけではありません.大自然への破壊は人類自身も影響されてしまいます.大自然を守れば、人類自分自身も守られます.「自他不二」、国と民族の発展は人類という大家庭の環境の中におけば、国と国、民族と民族の対立がなくなります.人類全体も家族と同じようになり、あらゆるの有情が繋がっているように考え、動物などの有情への傷害はかならず人類自身にも及ぼします.他の有情への愛護は人類自身への愛護と等しいです.この「不二法門」の啓発に従えば、人類が「成長のための成長」というジレンマーに陥れないようにできます.人類社会の発展も穏健、幸福、輝く道を歩むことができます.

世界経済のグローバル化の発展につれ、人類の運命は緊密に連携するようになりました.この時代の流れに乗って、世界仏教徒はもっと団結一致するべきで、仏陀の恩徳を浴しながら、仏陀の「慈悲済世」の精神をもっと広く発揚するべきであります.疑い事も無く、第八回「国連ウェーサクの日」の祝祭を行うことによって、世界仏教徒はこの方面において、大きな一歩を前に邁進することができます.タイ政府とマハチュラロンコーン大学の弛まぬ努力に衷心より敬意を申し上げます.重ねて、ブミボン国王の84才の誕生も衷心より祝福の意を申し上げます.タイの国民に深く尊敬されているブミボン国王は福寿無彊できるようにお祈り申し上げます.

最後に、本大会が円満な成功を収めるよう祈念し、私の挨拶と致します.

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有