意志を鍛え磨き続けることによって、困難にも自信をもって直面できる.

 

心に光が満ち溢れた円満な人は、ほかに光を求めず、他のものを照らすように、他人の関心を求めず、喜んで他人に関心を寄せる.

 

仏法を学ぶ上でもっとも大事なことは、自らの心の歓心を求めることではなく、さまざまな人に対して多くの慈悲心を発し、多くの善行を行うことである.

 

難しいことをすれば、本当の行いであり、我慢できないことを我慢できれば、本当の忍耐であり、修行しにくいことを修行できれば、真の修行であり、受け入れられないことを受け入れれば、真の受け入れである.

 

簡単に見えることでも、日々研鑽し、琢磨し続ければ、容易ならざる真の力を持てるようになる.

Copyright © 2009-2012 longquanzs.org All Rights Reserved. 版权所有